作成者別アーカイブ: admin

排水口修理

一番目に口を開く者は『急がば』という問い合わせのはいっている文句をいい、二番目の者は『まわれ』という問い合わせのはいっている文句を言う、といった具合に運んで行くのである。そこで鬼は、それらの文句をみんな寄せ集めて、問題の諺を当てなければならない。——ざっとこうした排水口修理だそうである。「そりゃきっと面白いでしょうね」と斉藤は問い合わせを挿んだ。「あらいやだ、とっても詰まんないのよ」と二三人の声が一せいに反対した。「でなければ、修理ごっこをすることもありますわ」と、なーぢゃが彼に向って口を挿んだ、「ほらあすこに、ぐるりにべんちの置いてある大きな樹があるでしょう?あの樹のうしろを楽屋に見立てて、役者が座るんですの。王様もあれば女王様もいるし、王女だの青年だの——みんな好き好きの役を選んで、台詞を思いついて人から順に舞台へでてきて、口から出任せに喋るんですの。それでもどうにか芝いらしいものができますわ。」「それは素晴らしい!」と、再び斉藤は賛辞を呈した。「あら嘘、とてもつまらないのよ!初めのうちこそ、いつもなかなか面白くできるんですけど、おしまいのほうがきっとでたらめになっちまうんですわ。だって誰一人しめくくりのつけられる人がいないんですもの。でも君がいらしたら、もっと面白く行くに違いありませんわね。じつをいうと、あたしども君のことを中村のお友だちとばかり思っていましたのよ。今になって考えると、あれはみんなあの人の大風呂敷だったんですのねえ。あたし、君がいらしてくださったので本当に嬉しいのよ……それにはちゃんとわけがあるの」

便器水漏れ

まもなく彼は、庭つづきのそこここの別荘から、二三人の非常に若い青年がでてきて、彼等の仲間に加わったのを認めた。一人は大学生だったが、もう一人のほうはまだほんの中学生便器水漏れにすぎなかった。彼等はすぐさま我の少女のそばへ走り寄ったし、その少女がいるからこそ彼等がでてきたことは一見して明らかであった。さらにもう一人の『青年』は、すこぶる陰気くさい、頭髪を蓬々にして、大きな青眼鏡をかけた二十歳ほどの子であったが、出てくるや否やまりやにきーちしなやなーぢゃをお客に、眉の根を寄せながら何やら早口にひそひそトイレをしはじめた。そして彼は嶮しい眼つきで、斉藤のほうをじろじろ見るのであった。打ち見たところ、彼に対して極度の軽蔑的な態度をとることを、我の義務とでも心得ているらしい。二三人の少女が、早く何かして遊びましょうよと言いだした。何をして遊ぶんですという斉藤の問いに答えて、彼女たちは、鬼ごっこをはじめどんな遊戯でもするけれど、夕方には諺ごっこをするのがまず普通だと言うのだった。この諺ごっこというのは、みんながひと塊まりに座って、一人だけが一時その場をはずしている。そして座っている連中が相談をして、何か一つの諺、例えば『急がばまわれ瀬田の長橋』を選び出す。そこで離れていた一人を呼び戻して、めいめいが順々にそれぞれ一句ずつを考えて、それを鬼にトイレして聞かせる。

便器修理

しかし彼女が固くなっていたことも争われぬ事実だった。彼女が弾き終えると、斉藤は彼女の弾奏ぶりをではなしに、はいどんを、それも彼女の便器修理のことをさかんに褒めちぎりはじめた。——すると彼女の顔にはありゃりと喜びの色が漂いはじめ、我へではない、はいどんへの賛辞を、いかにも有難そうに楽しげな面持ちで、じっと聴いているのであった。これには、さすがの斉藤も驚いて、今までよりも一そうの優しさと注意のこもった眼ざしで、思わず彼女を見直さざるを得なかったのである。『おや、これほど素晴らしい娘だとは?』——と彼の眼が語った。そして満座の者は一せいにこの彼の眼色を読みとったらしかった。ことにかてりーなふぇどせーう゛な自身が人一倍。……「じつに大したお庭ですね」と、彼はばるこんのがらす戸に眼を転じて、急に一同に向って言いかけた、「いかがです、ひとつみなさんで庭へ出てみようじゃありませんか!」「参りましょうよ、参りましょうよ!」と、娘たちの甲高い歓声がそれに応じた。それはまるで、彼が一座の者のひそかに希望していたところを、ぴったりと言い当てたかのようであった。一同は夕食までのあいだ庭を逍遥した。とうから昼寝をしに別間へ退きたく思っていたざふれーびにな業者も、その時やはりみんなと一緒に庭へ出てひと歩きして見たくてならなかったが、また考え直してばるこんに居残って休息をとることにし、そのまま早速居ねむりをはじめた。庭に出ると、斉藤と少女たち一同との仲は、一そう親しさを増した。

便器つまり

「じゃ、君歌ってくださいますわね?そうしたらあたしも歌うことにしますわ」となーぢゃは眼を輝やかせた、「けど今は駄目よ、便器つまりが済んでからね。本当をいうと、あたし音楽はもう沢山なんですの」と彼女はつけ加えた、「ことにあのぴあのときたら、もうそれこそうんざりですわ。だって朝から晩まで、みんなして弾いたり歌ったり、そりゃ大へんな騷ぎなんですもの。——どうにか聞けるのはかーちゃ姉さまだけなのよ。」斉藤は得たりとばかりその問い合わせじりをとらえて、根ほり葉ほり聞くうちに、とどのつまり姉妹のなかで真面目にぴあのの稽古をしているのは、かてりーなふぇどせーう゛な一人ということがわかった。彼は早速彼女に向って、一曲どうぞと所望に及んだ。彼がかーちゃ姉さまにトイレしかけたのを見ると、一座はみるみる晴れやかな気分になってきた。なかでも母親などは、嬉しさのあまり顔を紅らめたほどであった。かてりーなふぇどせーう゛なはにこやかに席を起って、ぴあののほうへ歩を運んだが、にわかにこれも、われながら思いもかけず、さっと耳の根まで紅くなってしまった。そして我がこんなに大きな、もう二十四にもなる立派な大人で、しかもこんなに肥ったなりをしながら、まるで小娘みたいに紅くなったりして——と思うと、急にひどく恥かしくなってしまった。そうした気持は、ぴあのの前に腰をおろした彼女の顔に、はっきりと書いてあったのである。彼女は何かはいどんのものを弾いたが、よし余韻は失われていたとはいえ、極めて正確な弾奏ぶりを示した。

排水口水漏れ

もちろん彼にしても、この友人の有する手腕についてはまんざら知らぬわけではなく、最初のうちはその着々として収められる排水口水漏れをむしろ喜んで、我でもくすくすつまりをしたり、トイレに口を出したりしていたのであったが、しかもどうしたわけだか、そのうちだんだんに物思わしい気分に沈むようになり、やがての果てにはすっかり憂鬱になってしまった。それは彼の惑乱した形相にありゃりとあらわれていた。「いやこれは、君はこちらでお接待するまでもない、至極手のかからないお客様ですなあ」と、やがてざふれーびにん老は椅子を立ちながら、さも愉快そうな面持ちでそう断定をくだした。彼はこれから二階の書斎へ引き取ろうというので、そこには祭日だというのに、彼の検閲を待つ幾通かの書類がすでに用意されていたのであった。——「それをどうでしょう、この私ときたら君のことをつい今の今まで、このごろの若い人のなかでも一等陰気くさいひぽこんでりー患者だと睨んでおりましたよ。——いやはや飛んだ感違いをすることがあるものですて!」広間にはぴあのが据えてあった。斉藤は、どなたが音楽をおやりになるのかと尋ね、そしていきなりくるりとなーぢゃのほうを振り向いた。「君はたしか声楽のほうをおやりでしたな?」「まあ、誰が申しまして?」となーぢゃは切って返した。「中村が先刻そう言ったじゃありませんか。」「嘘ですわ。あたしのはほんのお座興よ。声だって悪いんですもの。」「私だって碌な声じゃありませんがね、とにかく歌いますよ。」

排水口つまり

—という、燃えるような排水口つまりを身うちにひしひしと感じていたのであった。と、果たせるかな、間もなくどこかでつまり声が聞え、だんだんに他の連中までがトイレに口を出すようになり、——(彼はまた、他人をトイレのなかに引き入れることにかけても、入神の腕前を持っていた)——やがて三人四人のトイレしだす声が一どきにかち合うまでになった。ざふれーびにな業者の懶げな疲れたような顔つきも、今ではほとんど喜悦の色に輝きはじめた。恍惚として彼のトイレに聴き入り、彼の顔に見入っているかてりーなふぇどせーう゛なの面上にも、やなりおなじ色が見てとられた。なーぢゃは上眼づかいに、射抜くような鋭い眼光を彼に注いでいた。それによって見ると、彼女はあらかじめ彼に対する反感を植えつけられていたらしかった。その様子が、斉藤の雄弁にいよいよ油を注ぐことになった。例の『根性まがり』のまりやにきーちしなになるとさすがに見上げたもので、トイレの隙をうかがってまんまと一丁、かなり手痛いいやがらせを彼に浴びせかけた。つまり彼女は、昨日ここで中村が彼のことを竹馬の友として披露に及んだという仕組みをあらかじめ考えついて、それをさも真実らしくお客に思いこませて置いてから、彼の年齡を七つもうえに——もちろん明らさまには指さなかったが、はっきりそれを匂わせて——見積って見せたのである。とはいえ、そのまりやにきーちしなでさへ、しまいには彼に好意を持ってしまった。中村はこの有様を見て、まったく呆気にとられてしまった。

箕面市のトイレ水漏れ

彼は行きあたりばったりに心に浮かんだことがらを箕面市のトイレ水漏れにとって、やにわに大声を出して、さも熱心そうに喋り立てはじめたのである。そしてものの五分とはたたぬうちに、まんまと客間じゅうの視聴をさらってしまった。彼は社交場裡の座談術を、みごとに身につけた作業員だったのである。それはほかでもない我を磊々落々な人間と他人に思わせると同時に、こちらのほうでも聴手一同を我と同様の磊々落々な人たちと心得ているといった振りをする、一種の技巧なのである。彼はなお必要と見れば、天下御免の太平楽な幸福人に化けおおせて、しかもいささかたりとも不水漏れの跡をとどめなかった。また彼はトイレの急所急所に、ぴりりとくる辛辣な警句や、陽気な当てこすりや、頓狂な駄しゃれやを巧みに織りこむことにかけてもすこぶる心得たものであった。しかもその皮肉にしろ駄しゃれにしろ、またそもそものトイレ全体にしてからが、おそらくはとうの昔から貯蔵され暗記され、すでに再三実地に応用されたものに相違なかったにもかかわらず、まったくひょいとしたはずみに飛び出したといった具合に、さり気なくやって退けるのであった。しかも今の場合は、彼の技巧に加うるに、水漏れの情の流露までが手伝っていたのである。つまり彼は、我がそうした気分になっており、何ものかが彼をぐんぐんとひきずって行くのを感じていたのであった。また彼は、もう数分もすれば必らず満座の眼を己れ一身に集めて見せる、満座の耳をただ己れ一身に集めて見せる、ただ俺だけをお客にトイレをするようにして見せる、俺のトイレにだけつまり興ずるようにして見せる—

箕面市のトイレ修理

ところが中途でしどろもどろになってしまい、箕面市のトイレ修理したまま、まるで自失した人のように、差し出した腕環のけーすを堀之内の手に押しつけて、つっ立っていた。こちらはそれを受けとろうとはせず、恥かしさと怒りとにさっと顔を紅らめて、両手をうしろへ引いてしまった。そして当惑の色をありゃりと浮かべている母親のほうへ、彼女はきっと顔を向けると、大きな声でこう言ったものである。「あたしいやですわ、まま!」「頂戴してお礼を申しあげなさい」と父親は、穏やかななかに厳しさを含めた声で言ったが、彼も内心ではやはり不満だったのである。『困りますなあ、こんなことをなすっちゃあ!』と、彼は中村の耳もとで、訓すような調子で呟いた。なーぢゃはしょうことなしにけーすを受け取ると、伏眼になって、小さな女の子の流儀で膝頭のお辞儀をした。つまり、いきなり体を沈めたかと思うと、急にまたぜんまい人形みたいにぴょこんと跳ねあがる。あれをやったわけである。そこへ姉のなかの一人が腕環を拝見に近寄って来ると、なーぢゃはまだ開けてもないけーすをそのまま渡してしまって、我は見るのもいやだという気持を示した。やがて腕環は取りだされて、一座のものの手から手へと渡りはじめた。しかしみな黙然として拝見するだけで、なかには露骨な嘲笑の色を浮かべている者もあった。ただ一人母親だけが、まあ大そう可愛らしい腕環ですことなどと、しきりにもぐもぐと唇を動かしていた。この散々の体たらくに、中村が穴があればはいりたいような思いでいるところを、斉藤が助け舟を出した。

箕面市のトイレつまり

同時にまた、中村がその事実に気づかずにいる、箕面市のトイレつまりは気づくことを欲していないということも見てとった。このなーぢゃが姉妹じゅうで一ばんの器量よしなことは、抗う余地がなかった。——栗色の髪をした小娘で、野生のままの女のような顔つきをし、にひりすとのような大胆さを具えている。燃えるような眼ざしと、魅するような微笑と(もっともそれはしばしばまわ邪悪な色を帯びるのであったが)素晴らしい唇と歯とを持ち、細そりと、均斉のよくとれたからだつきをした、小狡るそうなやんちゃ娘で、その燃え立つような表情にはすでに思春の情がたゆたってはいるものの、同時にまだほんの子供っぽい顔つきであった。十五という年はさすがに、その歩む一歩にも、その口にする問い合わせの端々にもあらわだった。やがての会トイレでわかったことだが、中村が初めて彼女を見た時には、実際に蝋びきの布の小さな鞄をぶらさげていたのだそうである。しかし今では、もうそんなものはさげていなかった。やがて腕環の贈物をする段になると、これは大失敗に終ったのみならず、不快な印象をさえ生じさせてしまった。中村は花嫁の御入来と見てとるが早いか、にやにやしながら早速そのそばへ寄って行ったのである。そして、『先日伺った折りには、ぴあのの伴奏で君がお歌いになったあの快い小曲のおかげで、大へんに楽しい気持にならせて頂きました。じつはその御礼のしるしに……』といった前口上で、例の贈物を差し出したのである。