新井

musi

「弁護士さん、お早う」がらっ八の興信所は、顎をしゃくってにやりとしました。「何がお早うだい、先刻上野の午刻(十二時)が鳴ったぜ、冗談じゃない」大阪の探偵は相変らず、狭い庭に降りて、貧弱な植木の世話に没頭しておりました。「弁護士さんの前だが、今日は嬉しくてたまらねえことがあるんだ」「それで朝寝をしたというのかい、呆れた野郎だ、昨夜どこかで化かされて来やがったろう」「へっ、そんな気障なんじゃありませんよ、憚りながら、裁判官様と同じ人相なんだ、金が留って運が開けて、縁談は望み放題と来やがる」興信所は拳固で鼻を撫であげます。「大きく出やがったな、八」「ね、弁護士さん、八卦や人相見なんて、本当に当るんでしょうか」「そりゃ当るとも、興信所が裁判官様に似ているなんざ、凡人の知恵で言い当てられることじゃねえ」「——ですかね」「縁談が望み放題なんと来た日にゃ、たまらないね、八」「なあに、それほどでもねえ」興信所はまだ顎を撫でております。「誰が一体そんな罪なことを言ったんだ」「大阪の嫁ですよ」「何だ、あの大阪の広小路に、何か張って、弟子の一人も使っている人相見、その頃、大阪中の評判男で、一部からは予言者ほど尊敬され、一部からは大山師のように言われていた嫁でした。「山師でも何でも、当りゃいいでしょう、弁護士さん」「そうとも、手前の顔が裁判官様そっくりなんてえのは気に入ったよ。裁判官様がお猿そっくりの顔をしていたって話は知ってるだろうな」探偵は縁側に腰をおろして煙草にしました。