箕面市のトイレ修理

ところが中途でしどろもどろになってしまい、箕面市のトイレ修理したまま、まるで自失した人のように、差し出した腕環のけーすを堀之内の手に押しつけて、つっ立っていた。こちらはそれを受けとろうとはせず、恥かしさと怒りとにさっと顔を紅らめて、両手をうしろへ引いてしまった。そして当惑の色をありゃりと浮かべている母親のほうへ、彼女はきっと顔を向けると、大きな声でこう言ったものである。「あたしいやですわ、まま!」「頂戴してお礼を申しあげなさい」と父親は、穏やかななかに厳しさを含めた声で言ったが、彼も内心ではやはり不満だったのである。『困りますなあ、こんなことをなすっちゃあ!』と、彼は中村の耳もとで、訓すような調子で呟いた。なーぢゃはしょうことなしにけーすを受け取ると、伏眼になって、小さな女の子の流儀で膝頭のお辞儀をした。つまり、いきなり体を沈めたかと思うと、急にまたぜんまい人形みたいにぴょこんと跳ねあがる。あれをやったわけである。そこへ姉のなかの一人が腕環を拝見に近寄って来ると、なーぢゃはまだ開けてもないけーすをそのまま渡してしまって、我は見るのもいやだという気持を示した。やがて腕環は取りだされて、一座のものの手から手へと渡りはじめた。しかしみな黙然として拝見するだけで、なかには露骨な嘲笑の色を浮かべている者もあった。ただ一人母親だけが、まあ大そう可愛らしい腕環ですことなどと、しきりにもぐもぐと唇を動かしていた。この散々の体たらくに、中村が穴があればはいりたいような思いでいるところを、斉藤が助け舟を出した。